無職4ヶ月間を振り返って

ついにこの日がやってきました。

今日で、6月~9月の無職4ヶ月間を締めくくる最終日となります。

とても感慨深いです。泣きそうです(ウソ)

今年の夏をまるまる無職の夏で過ごしたことになります。

W杯があって救われましたが、特に夏らしいことは一切しませんでした。

内定が出てからも、2週間近くあり、ゆっくりできると思っていましたが、

終わってみると、とても早く感じました。結局、読書に明け暮れ、勉強はしていません;

そんな今日の過ごし方は、ハロワに就職報告に行ったり、手続き関係の書類準備でバタバタしています。

ちょっと嬉しいことがありました。臨時収入がありそうです。私は勘違いしていました。

再就職手当だけ貰えるかと思っていましたが、今月の半ばに3ヶ月の失業給付制限が終わっており、

その日から今日までの失業手当を日数分貰えるのですね。

だから、就職日の前日に手続きに行った方が得ということなのですか。

労務をいくら勉強しても、実際に経験したり、実務をしないとわからないものですね。

ひと月の家賃分弱くらいになりそうです。

これまでの4ヶ月間を振り返ってみたいと思います。

精神的に参って前職を退職し、まだ鬱々と引きずって2ヶ月ほどが経った頃、

自分のことを語りたいと、ふと思いつき、時間があったこともあり、

このブログを始めました。

文章にすることで、鬱散できたのかもしれません。

それからは、どこかやる気が沸かなかった就職活動にも真剣に取り組むようになり、

図書館で本を借りたり、健康的な食事を作ったり、

人間らしい生活を徐々に送れるようになっていきました。

家族や周囲からは、旅行でもして少しゆっくりしたら?と薦められましたが、

旅行を楽しむ精神的余裕などまったくありませんでした。

旅行は体力や行動力など、パワーも必要だからです。

ただただボーッとしたかった私には、

グラスにミニブーケを生けたり、入浴剤を楽しんだり、お日様の匂いのする布団で寝たり、

普通の生活を丁寧に送ることが、私にとっては一番の癒しとなりました。

それがわかったことは収穫でした。仕事で忙しいと部屋も心も荒みがちになります。

その時ほど、丁寧な生活を送ることを忘れず思い出したいです。

ある意味一番辛かった時期をこのブログとともに乗り切ったと思っています。

友人と飲みに憂さ晴らしする訳でもなく、家族とも上手くいかなかった。一人だった。

人間関係が下手で、現実世界では家族や友人に自分のことを相談する機会がない私にとって、

このブログは唯一本音で自己表現する場所として、とても支えになっています。

ブログを見てくださっている皆様、コメントをしてくださる皆様、

本当にありがとうございました。

これからも続けて参りますが、一区切りということで御礼申し上げます。

明日から新たな生活が始まります。

更新頻度が減ったり、仕事の愚痴ばかりになってしまうかもしれませんが、

出来る限りはブログを続けていきたいと思っています。

そして、前職のメンバーを見たくなくて放置していたLINEを退会しようと思います。

もし宜しければ、気が向いた時にでもまた遊びにいらして下さると嬉しいです。

本当にありがとうございました。これからも宜しくお願い致します。それでは、また。

【昨日9/29のごはん】
朝食…鮭のおにぎり
昼食…マルタイ棒豚骨ラーメン(ネギ、紅しょうが)
   なすとピーマンの甘酢炒め(玉ねぎ)
夕食…お寿司
スポンサーサイト

男性と女性の年の取り方

白髪がたくさん生えた夢を見ました。めちゃくちゃ怖~~Σ(゚д゚lll)

でも、年齢的にはあってもおかしくないのか・・・。そう遠くない未来なのか?

31歳ですが、今のとこまだ一本も見つかっておりません。

父は60歳で真っ黒で白髪がありません。母は白髪がけっこうあります。

どうか父に似て欲しいです。

久しぶりに都内へ行ってきました。気持ちのいいお天気でしたね。

暑くて夏の格好で平気でした。しまわなくて良かったです。

美容院とても楽しかったです。趣味の会話で大笑いし、盛り上がりました。

髪型もカラーもとても気に入って、るんるんです♪

担当は同年代男性なのですが、

普段生活していたら、友達に絶対なれないであろう外見

(いわゆるチャラめ?リア充?)、ピアスとか、ごつめアクセサリーとか、

海行って焼いてるのだろう浅黒い肌にオシャレ服。

かたや内向的引きこもり文化系ヲタク。視力が非常に悪く、暗い場所で生息するモグラです。

眼科の視力検査で、悪すぎて正確には測れないとサジを投げられました。

そんな人種の違いを超えて笑い合えるとは、向こうは客商売とはいえ、スポーツは偉大です。

他の店員とも違う話題で会話しますが、まあまあ盛り上がる程度です。

普段趣味を語り合う人がいないので、帰った後は気持ちが興奮して落ち着きません。

名残惜しいというか。次行くのは2ヶ月先か…とか。翌日にはすぐ忘れるんですがね。

入社前に緊張がほぐれて、気持ちも新たになりました。

んで、パーっと気を良くした私は帰り道にやっちまいました。

スーパーでお寿司を買ってしまいました。あぁ、今月の食費高いなー。

そんなに高い食材買ってないけど、食べる量が多い気がするなー。

今日思ったのですが、男性と女性で年を取るスピードが違う気がするのはなんでだろう??

もちろん個人差はあるし、若い時から老けて見える人もいます。

特に30代~40代にかけて、男性の方が年の取り方がゆるやかな気がするのです。

男は30代から、女は20代が華とも言われますが。

この年代だと、女性は出産子育て中で老けるのは除くとしても、

未婚の男女を比べても、なんだか男性の方が若く感じます。

もちろん美魔女と呼ばれる実年齢とは思えない見た目の方もいます。

女性の方が美容に熱心なので、若く見えても良さそうなものなのに。

芸能人でも、同年代の眞鍋かをりと成宮寛貴なら、

成宮さんの方が若々しく見えませんかね?顔立ちのせいでしょうか。

肌のハリとツヤが。

夫婦でも、松嶋菜々子と反町隆史なら、反町隆史の方が若く見えます。

まぁ、松嶋さんはご出産されてますが。

劣化とか老けたとネットで言われるのって、大体女性な気がします。

まれに年を取れば取るほど良くなる、味が出てくる男性っていますよね。

俳優だと、竹野内豊さんや佐藤浩市さん。若い時より今の方が良いっていう。

なので、男性はうらやましいな~と最近よく思います。

若さが特権と言われる女性に比べると、歳を取ることに抵抗が少ない気がするからです。

知り合い曰く、女性は32歳から特にガクッと来るそうです。

でもまあ、男性でも中年になり、どーんとビール腹になったり、ハゲてしまったり、

結局は男女問わず、人によると言ったところでしょうか。

私が最近特に年齢が気になるので、過敏になっているのかもしれません。

若い時と違って、お手入れや体のケアは必須だと痛感しています。

いよいよ明日は長い長いお休みの最終日。

緊張がMAXですが、いつもと変わらない1日と最後の晩餐をかみしめたいと思います。

【昨日9/28のごはん】
朝食…肉まん2個
昼食…チンゲン菜の卵あんかけ(玉ねぎ、シイタケ)、ごはん
夕食…水たき(ネギ、しらたき、しいたけ、エノキ)ポン酢しょうがで。鮭のおにぎり

美容院

歯が抜ける夢を見ました。怖かったー|゚Д゚)))

昨日よりも良いお天気で、よし布団干すぞ!と干した瞬間、

「干すな!」と言うように突風で2回も布団を飛ばされました。もうわかったよ、諦めるよ。

10月1日の入社日にむけて、早くも緊張し始めました。。。

ちゃんと起きれるかな・・・目覚まし3個かけても無意識に止めちゃう時があります。

ちゃんと目覚ましなるかな。。。入社当日です、寝坊遅刻は絶対許されません。

この無職4ヶ月生活で、働いていた時のリズムは体が完全に忘れています。

就活の面接も遅めの時間に設定していました。

眠れないだろうから、最悪寝なければ遅刻しません。

次で4社めとなり、過去3社経験している訳ですが、入社した日のことなど、

全然覚えていません。そんなもんでしょう。退職日の方が覚えています。

ただ今回が過去と違うのは、4ヶ月半仕事から世間から離れていたので、

浦島太郎状態なのです。これまでは、在職中に次の会社が決まったため、

無職期間がなく、会社は違えど割とすんなり入った気がします。

とても慌ただしかったことは確かでしたが。

入ってしばらくは仕事を覚えるのも大変ですが、体調が特に心配なんですよねえ。。。

幸いなことに会社の方針で有給休暇を取りやすいようなので、

試用期間でも5日間まで取れるそうですし、最悪は休みつつ頑張ろうと思います。

話題を変えまして、衣替え終了しました。

わーい、良かったーーーーo(^▽^)o

通勤用の服を買い足さなくても、なんとか着回せそうです。

美容院代だけで済みそう。うれしかー><

クローゼットの中は、春夏物と秋冬物がごちゃ混ぜで変な状態ですが、

真冬と真夏に着る物だけ衣装ケースにしまいました。

今ってけっこうシーズンレスでデニムみたいに通年着られるものもありますしね。

なんだ春物って、いかにも春っぽい色以外は秋でも着られるじゃん。

以前の買い物大好き、服大好きな私からは想像ができない言動です。

春物のちょっと高かった白のノーカラージャケット。

上品で物がよく、とても気に入っていて周囲からも男女問わず好評を頂きました。

なにせ前職で稼いだ汗と涙と血の結晶でもあるので、大事にしています。

それの首周りが少し汚れていたので、クリーニングに出そうと思います。

出費と言えば、そのくらいでした。

冬は暖房代とガス代が上がって、夏よりかかりますからね。

しかも、食欲も夏場は失せますが、冬は逆に溜め込もうとする人間の性質からアップしますしね。

もう着ない服を3枚処分しました。スッキリっす。

どこからか秋の花のいい匂いがします。金木犀はまだ少し早いかな。。。

明日は2ヶ月半ぶりの美容院です。ちょっと楽しみです。

以前の私は美容院が苦手でした。あの、頭のてっぺんからつま先まで

ジロジロ見られるような感じ…オシャレかイケてる人か判断されてる感じが嫌でした。

美容師さんは皆さんオシャレなので、オレらはイケてるしみたいなのがどうも苦手で。

シャンプーの時も、緊張で体がこわばりまったくリラックスできませんでした。

帰宅すると、頭や肩からくる緊張性頭痛まで起こす始末でした。

美容院ジプシーで、何件も変えました。

そして、ついに良い美容院にめぐり会うことができました。

都内では一等地と呼ばれる場所にあり、店内の雰囲気や接客もバツグンで

寝ちゃいそうなくらいリラックスできます。

たまたま前々職の職場の帰り道にあり、夜22時までやってるので行ってみただけです。

以来、引越して遠くなっても通い続けています。

チェーン店ではないので、さすがにちょっとお高いし、割引ビラ配りのようなこともしていません。

ただ、施術の質や接客の質は高いです。カラーはめちゃくちゃ長持ちします。

あと、美容師さんとのおしゃべりって嫌だったりしますよね。

私の担当(男性)が、偶然にも私と同じあるスポーツの熱狂的ファンだったので、

会話は終始そのことについて熱く語り合っています。それが楽しいんです!

会話に熱中しすぎて髪型など見てない時あります。

女性でここまでこのスポーツを語れる人は珍しいそうです。単なるマニアです。

もうツーカーの仲なので、髪型や色をこうしたいと言うのも言いやすいです。

本田翼ちゃんのような髪型が好きなので、「本田翼で」と言ったこともあります。

年齢も顔もだいぶ違うくせに、よく恥ずかしげもなく言えたものだと思います。

それでも、スマホで画像を検索してくれて必ず視覚で「これですか?」と確認してくれます。

イメージだとお互い思っているのと違いがあるからです。

なので、最近は行く前にスマホで色々髪型の画像を検索します。

便利な時代になったなあ~。あと数日を楽しみたいと思います。

【昨日9/27のごはん】
昼食…マルタイ棒豚骨ラーメン(紅しょうが、ネギ)、きゅうりとナスの浅漬け
おやつ…おせんべい、レアチーズ、肉まん、2色パン。
夕食…アボカド納豆ごはん

断捨離するものがなかった

昨日よりは、少し雲が多めだ。日が出ては曇りを繰り返している。

布団を干したが、強風で何度も布団バサミが飛んだ。二個で留めているのに。

1日2食自炊だと、ほぼ一日中料理と、特に洗い物をしている感じがする。

一人でこんな大変なのだから、家族の分をやる主婦はほんとすごいと思う。

子供がいたら、それこそ思い通りに行かないし、自分の時間なんてないだろう。

9月分の食費の概算が25000円だ。目標の18000円から大幅赤字だ。

楽勝だとか言っといてこれだ。自分が嫌になる。敗因は、

激安スーパーがそれほど激安ではなかったことと、

自炊が続くとどうしても、菓子パン、スナック菓子、スイーツ、和菓子、炭酸飲料といった、

自分では作れないもの、甘いものが欲しくなってしまう。それが大きい。

外食はほとんどしなかった。どうやら読書の秋では収まらず、食欲の秋でもあるようだ。

自炊の腕がメキメキ上がり、レパートリーが増えたのは収穫ですな。

夏物をしまい、秋物をクローゼットから出している。

いらない物を断捨離してスッキリしたいなと思ったけど、よくよく考えたら、

もともと溜め込む性質ではなく、すぐ捨てるタイプで捨てる物があまりなかった。

必要なものまで捨てて困ったこともあるし、何か捨てるものないかな~?と、

あえて探してしまったりする。ゴミ屋敷とは無縁の人物だ。

靴の箱がたくさんあったので、空箱を取ってたんだっけ?と覗いたら、

ちゃんと秋冬用の靴が全部入っていた。どんだけ靴持ってたんだ!?

玄関の靴箱に夏物しか入りきらず、シーズンオフのものをクローゼットにしまってたようだ。

靴のかかとの部分がめくれやすく、修理も高いし捨てるにはもったいない。

どうしたものかと思い、黒い靴なら油性のマジックペンでちょんちょんと塗ると、

あまり目立たなくて良い。お金かからなくて良かった~。

革製ではなく、プラスチックの剥がれはマニキュアとかで塗るしかないね~と、

修理屋のおっちゃんが言っていた。

よし、通勤で履く靴は十分あるから今年は買わなくて良さそうだ。

服は冬用の分厚いやつはあるのに、秋は去年何を着てたんだ!?と思うほどない。

思い返せば、去年もこの時期就活をしていて、ほぼスーツばかり着ていたのだ。

なんとか服買わずに冬まで過ごしたいなあ。

前職に入社したのが12月近く。ストレスと月給が大幅に増えたことにより、

服と靴を大量に購入してしまった。ま、使うし無駄使いじゃないと思って。

毎週休日にはショッピングに出かけていた気がする。

そうすることで、なんとか心の均衡を保とうとしていたのだろう。

当時仲が良かった同僚に、見る度違う服を着ていてジャンジャン買ってたと、

言われたから間違いない。その人も割とジャンジャン買うタイプなので、

そんな人に言われるなんて、よっぽどだと思う。

今思うと反省しています。。。ただ、必要なことだったのだとも思います。。。

おしゃれがしたいとか、店で支払う時の優越感とか、そんなことがしたかったのではなく、

プレッシャーで押しつぶされそうな仕事に行くために、

おニュー(死語?)の服を着たり、ちょっと高くても好きな服を着ることで無理やり気分を上げて、

週末に買いに行き、来週はこの服を着てがんばろうと自分をなんとか奮い立たせていたのだった。

まあキツイ仕事だけあって、給料は女性の事務にしてはかなり高かったことも手伝ってしまった。

そしてビンボーの無職4ヶ月生活を体験し、次は毎月必ず貯金を給与からするよう計画している。

生活費用の口座と貯蓄用の口座をわけて、貯蓄用の口座は自動積立みたいなことができないか、

あるいは会社で申し込む財形貯蓄の方がいいかと検討している。

社内預金は残念ながら無いそうだ。

今まで何度となく実践しては挫折してきたので、こんどこそ!こんどこそ!徹底するぞ!

家計簿はずっとつけてるので、継続しまっす。

図書館で予約してた本が、案の定今日2冊届いたそうです~。

あと1日早かったらな~と言っても始まらないので、取りに行ってきやす。

4個百円で買った肉まん、安いと飛びつくもマズし。やっぱ井村屋だよなあ。

【昨日9/26のごはん】
昼食…納豆ごはん
夕食…しょうが焼き、ごはん
おやつ…まんじゅう、炭酸ジュース、おせんべい、肉まん

れんげ荘の感想

すがすがしい天気の日でしたが、夕方から風がウーウーと唸りを上げています。

静かな静かな毎日を送っとります。

うれしくて、洗濯機を2回も回してしまいました。

昨日、掃除したベランダが乾いてキレイになってました!

水を流した時に、お隣へ泥が流れていくような気がして、ドキドキしました。

両隣とも、汚いんですけどね(;´∀`) 水が流れる溝は排水口まで繋がってるから、

自分のとこを流すと隣までいっちゃうんですよね。

金曜かー。ほんとに早いなー。ついこないだ土日だった気がします。

出不精で外出が面倒くさいです。出てもパッと済ませて、すぐ帰りたくなります。

もうすぐ仕事が始まるので、土日で衣替えをして秋服が足りなければ、

買いに行きます。職種柄、スーツやかっちりした物を以前は来ていたのですが、

今度は来客もないし、面接官がスーツではなく普段着のようなの着てたし、そういう社風なので、

OL風の服を買おうと思います。本当は百貨店に入ってるINDIVIやICBといった、

キャリアウーマン風のブランド服が好きなのですが、今の私ではお高くて手が出ません。

ただ30過ぎてるので、あまりに安すぎる若い子が着るチープなのはおかしいので、

難しい年代です。月曜には美容院の予約を入れました。靴もちゃんと手入れしておきます。

無職の風貌から変身です。いよいよ仕事が始まるんだなぁと引き締まりますが、

準備がめんどくせ~な~とも思います。

今日こそ、回送中になっている予約した本が図書館に届きそうと一日画面でチェックしたのですが、

結局届かず。ちぇっ。それで、明日届いたりするんだよな~~。

今日の就寝前の読み物がなくなったので、とりあえず借りました。

「七つの怖い扉」 超有名作家さん7名によるホラー短編集。

宮部みゆき、鈴木光司、小池真理子、夢枕獏…以下割愛 超豪華でしょ!?

薄くて読みやすそうだし、分厚くてがっちり長編ではなく、繋ぎの本としていい感じ!

楽しみ~\(^o^)/

またホラーかい…どんだけオドロオドロしいのが好きなんだまったく。

そして、読み終えた本のご紹介です。

「れんげ荘」 群よう子著です。

ほっこり系です。読みやすいですが、面白すぎずつまらなすぎずです。

仕事バリバリの広告代理店勤務のキョウコが、接待とおべんちゃらの毎日に疲れ、

8桁の貯金を持って、早期退職。第二の人生をオンボロアパートで過ごすという話。

アパートには、色々なバッグボーンを持った人々がいた。

この本、特にオチがないんです。こんな日々が続いてくといった具合に。

アパートの住人をもっと掘り下げるかと思いきや、キョウコの兄家族と母親の話が多いです。

母親が憎たらしいプライドの塊の小言ババアなんです。

仕事や同僚に嫌気がさし、この無職生活と貯金を切り崩してオンボロアパートに住む生活を

自分で選んだのに、まだ仕事のことを思い出したり、本当にこの生活でいいのかみたいに、

主人公が迷いながら過ごしてるといった感じです。

その前に読んだドロドロしたおっかないミステリーの非日常と、主人公の母の小言があまりにも日常的すぎて、

少し嫌気が差しました。次は民俗ミステリーではなく、普通のミステリーも読んでみたいです。

仕事が始まったら、もちろんペースが落ちるわけですが・・・。

秋の特番シーズンですが、テレビもネットも見ないで、秋らしくあったかいお茶を飲みながら、

文学に浸りたいですね。

【昨日9/25のごはん】
朝食…チゲ鍋(ネギ、青梗菜、もやし、ニラ、卵)、ごはん
昼食…マルタイ棒ラーメン醤油豚骨味(ネギ、いんげん、カニカマ、茹で卵)
夕食…小松菜ひき肉オイスター炒め(しめじ)、インゲンかにかま茹で卵のマヨサラダ、ごはん

年金を考える

曇ったり日が差したり、忙しい天気です。

今日はなんとなんと、朝6時に起きることができました!うほほ~い、してやったりですヽ(*´∀`)ノ

上機嫌で通りをチラリとカーテン越しに覗くと、それでも通勤であろう自家用車がもう行き来していました。

皆さん、朝早くから頑張っているのだなあと感心しました。

午前中が長いのなんのって。百円ショップとドンキへ買い物に行こうと思っていたら、

開店時間までだいぶあるわ。にしても、なんて気分が良いんだろう~。

そして明日は待ちに待った晴れの予報です!数日前から溜まっている洗濯物を干したくてたまりません。

今日は鳥の羽で汚れたベランダをブラシでゴシゴシしました。明日も早起きしまっす!

最近どうも図書館にイライラしてしまいます。読む本を途切らせたくなく、

読みたい本は手元に来るまで、必ず3日~4日かかるのを計算しておかねばなりません。

他館からの取り寄せだからです。同市内でも宅急便より時間がかかります。

自館にある本で良さそうなのを適当に借りるのは、当たり外れがありそうで、

ネットでレビューなどを見て、読みたいのを借りたいのです。

取り寄せてるうちに、貸出中で順番待ちしていた本が予想外に早く到着し、

読みきれない量になってしまいます。その調整が難しいというか、

借りてる身分で言えないですけどね。

先程ちょっと年金の勉強をしました。

無職期間に失業を理由に免除してもらった国民年金の納付書が届きました。

免除が認められたばかりなのに、びっくりしました。抜け目ないです。

また来月から厚年ですが、今月までの無職5ヶ月分は国年を払っておいた方が、

将来的にいいなと思い、少ない貯金から出すことにしました。

納付記録を見ると、大学生時代が学生納付特例で免除になっていました。

となると、追納した方がいいのか、これも気になってきました。

10年前の遡りなので、利子がついて保険料がちょっと高くなってます。

これを4年分はけっこう大きいです。

結論、、今は追納しないことにしました。年金を貰うまでに生活苦で死んでしまいます。

あと、将来年金を満額もらいたいと思ったら、60歳になったときに国年の任意継続か、

定年を過ぎても働けてるようであれば、厚年の経過的加算をしようと思います。

いずれも、元気で働いて払えるだけの金銭的余裕があるかどうかだけど。

正直なところ、年金をもらえる65歳まで生きてるかどうかわからないです。

お金が欲しいのは若い時だから。老後はお金があれば安心だけど、

使う元気はないから、年取ってやっとお金に余裕ができた時には遅い気がします。

数ヶ月、数年先のことを考えすぎると不安で身動き取れなくなってしまう自分と、

うん十年も先のことなど考えたくもない自分がいました。

ただ何も考えず、「今さえ良ければ」の備えなしも不安なんですよね。

仕方ないことなんですが、最近年を取って老けることが嫌で嫌で、

「なんだか老けたな~」とアンチエイジングに敏感になってます。

【昨日9/24のごはん】
昼食・・・チゲ鍋、ごはん
夕食・・・デミグラスシチュー

憧れの暮らし

騒音が気になる。一応、窓は防音仕様になってる。

ひっきり無しに通る車の音、例の鳥の大群、道路で大声で話す人々。。。

気温が微妙な時期で、窓を締切ると暑い、クーラーをつける程ではなく、

窓を開けたいのだが、あまりにうるさい。

無職になるまではそんなに気にならなかった・・・。不動産屋と下見に来た時も。

母が一緒に来てくれて、「そんなにうるさくないわね~良いわ私も住みたくなっちゃう」と

言っていたので、それほど騒々しかったとは思えない。

家にいる時間が長くなったということか・・・。

駅から徒歩15分くらいかかるので、電車による騒音や揺れは皆無なのだが。

想像するだけで、いいな~と幸せになる理想の暮らしがある。

庭に季節の花が咲き乱れ、摘んできて一輪挿しにさしたり、

手作りのお菓子を作り、ハーブティーで一息いれる。

丁寧で心にゆとりのある生活。

なんだってこんな騒音と酔っ払いのゲ○にまみれた汚く品がない街で生活しているのだ。

ただこの地を選んだのは他ならぬ自分自身だということに落胆する。

憧れの生活をできる日は来るのだろうか。やはり郊外でなければ難しい。

都心であくせく働きながらだと、通勤に便利で都内ほど賃貸が高くないこんな地になってしまう。

結婚せず、一生独身なら憧れの生活を叶えたい。老人になって一人だとボケが心配だが。

そういえば、実家の家族に仕事が決まったことは落ち着いてから話そうと以前記事にも書いた。

はたと気づく。お恥ずかしながら、無職で就活中の間は健康保険を父の扶養にしてもらっていた。

就職先の会社で健保に加入するので、保険証を返し扶養を外れる手続きを取らないといけない。

父は定年退職したものの、まだ嘱託社員として働いている。働き者だ。

休日には料理や掃除など好きな家事だけこなしてくれる。

父宛に郵送しようと思っているので、どっちみち就職を知らせることになる。

入社日が日に日に近づくにつれ、不安になってくる。

事務職のくせに、ExcelとWordのスキルが低い。操作も遅い。PC全般不得意。

あと1週間ほどしかなく、今さら付け焼刃だが、少しでもやっておこうと思うのに、

読書ばかりしてしまう。根っからの文系人間なのである。

最近なんて、平家物語や枕草子を思い出し、「あぁ、趣があっていいな」などと

古典を味わう始末である。夏目漱石や太宰治、芥川龍之介といった、

誰でも知っている有名すぎる作品を自分はまったく読んでいないし、内容を知らない。

学校の教科書にもなかったし、幼い頃に読む機会なくきてしまった。

ちょうど生まれた年にファミコンも誕生して、誕生日に買ってもらって以来、

それに夢中だった。

古典を追うのはいつでもできると後回しにしていたが、

名作と呼ばれるものは、一度読んどくべきかなどと最近思い始めたのだ。

こんなにたくさんの書物を読んだのは人生で初めてだ。

職を失わなければ得られなかった経験なので、この数ヶ月間も悪くなかったと少し嬉しくなった。

【昨日9/23のごはん】
昼食…サッポロ一番醤油ラーメン(キャベツ、もやし、ネギ)
夕食…デミグラスシチュー(マッシュルーム、しめじ、ピーマン、冷凍ブロッコリー、じゃがいも、玉ねぎ)、ごはん
   キャベツの浅漬け        

恐怖に震えた「黒祠の島」

お彼岸です。街にもお供えの花を持った人が歩いてました。

本当なら実家に帰ってお墓参りすべきでしょうが、私はここ数ヶ月でけっこう行ってるので、

大丈夫だと思います。

私は探し物が下手で、本が見つけられず、

いつも図書館の方に探してもらっている面倒な子です。

ただ今日はデータ上だとあるはずの本が、図書館の方が探しても見つからなくて、

結局借りることができず、第二候補を借りてきました。ションボリです。

昨日読みきった、「黒祠の島」 小野不由美著を一気に読み終えました~。

もうすごいーすごいしか言えないー。めちゃくちゃ面白かったー。

苦手な人はダメだと思いますが、横溝正史が好きな私としてはドンピシャでした。

ミステリーとホラーが混ざった感じです。孤島、閉鎖的、因習、邪教、凄惨、相続争い、

人間関係ドロドロ、そして付き物の風と雨がひどい嵐の晩と、

平成の世にいささか時代遅れではあるが、それでいいんです。

島で行方不明になった女性の友人を、探偵?の男性が探すという設定なのですが、

この男性はこの女性に恋愛感情があるけど、恋人未満なのかなと思いました。

作品中では、単に仕事でよく関わる友人としか書かれていません。

単なる友人のために、自分が殺されるかもしれないような危ない行動をしていますし、

行方不明の女性を想像しては、「辛かったろうに寒かったろうに」と労わる言葉がよく出てきます。

そして、彼女を殺した犯人を絶対捕まえると正義感に溢れています。

仕事上の友人にここまでするかな?というのが正直なところです。

ただ、付き合っていたかというと、そうでもないようで、

彼女の過去だったりプライベートな話は知らなかったり、その島へ渡る前に、

自分に身に危険を感じていた彼女は「もし何らかのことがあったら、これを」と、

言って、男性に初めて自分の家の合いカギを保険として預けています。

恋人なら合いカギはともかく、部屋くらいは行ったことがありますよね。

最後まで関係性はよくわからなかったですが。

久しぶりにここまで寝食忘れて、徹夜で夢中になった本でした。

夜中に一人読んでいると、背筋がゾクゾクして怖くて怖くてトイレに行きたいのに、

行けない状態でした。血みどろの描写と、夜の闇がなんとも言えず不安で、

寂しくて、なぜか自分の将来の不安まで出てきてしまいました。

ところどころ、辞書がないとわからないような難しい表現・言葉がでてきました。

「○○した後、」という表現が、すべて「○○して後、」になっていて、

昔の文法上の表現?小野不由美さんの書き方?なのか、よくわかりませんでした。

ホラーは好きなのに恐怖でお腹いっぱいになってしまったので、

次はほっこりする作品を読もうと思い、借りてきました。

「れんげ荘」 群ようこ著

閉館間際の音楽が流れる中、焦ってこれにしました。文字ぎっしりではなく、いい感じです。

【昨日9/22のごはん】
昼食・・・鮭のバターホイル焼き(小松菜、えのき)、ごはん
夕食・・・焼肉(豚バラ)、キャベツ、ピーマン、ネギ、ごはん

独女vsジュエリーショップ店員

なんて贅沢な日だ。昼食は鮭、夕食はオーストラリア産バラ肉だ。

一日に魚と肉を食らうなんて。9月は土日、祝日と休日が多い。

私は3日に一度のペースでスーパーに行っている。

そのサイクルが外に出たくない休日にぶつかっている。アホすぎる。

カップルと家族連れでまみれた街へ、わざわざ火の中へ飛び込みに行っているようなものだ。

ドМのバカだ。平日もそこそこいるのだが、休日よりは幾分マシだ。

この節約自炊を仕事を始めてからも続けたいのだが、土日が精一杯かなあ。

平日は帰りが早くても9時頃だと思うし、24時間スーパーは無いのでもう閉まってる。

冷蔵庫が一人用の小さいやつなので、休日にまとめ買いすると入りきらず、

平日にも何度かスーパーに行く必要がある。

しかも、独女が歩いて両手で食材を運べる量なんて一度に2千円が限界だ。

おばあさんが手押し車を使う訳だ。大ファンのブログで見たのだが、

「都会に出てきて、憂鬱症になる人というのは本人の性格の暗さと街の明るさとがミスマッチだからだ」

という一文を読んで、なるほどなるほど!とエラく感心してしまった。

確かに六本木で「イエーイ」なんてやってる人に憂鬱な人はいないわな。

じゃあ暗い私は、田舎の実家に帰ればいいのかも!?

いや、ダメだ。やっぱりダメだ。この歳では遅すぎだ。

帰ったら、周りはみんな結婚してるから、それこそ肩身が狭い。村八分だ。

「あそこのお嬢さん、まだ独身よね」と、自由に街を動きづらい。

都会では30代で独身なんてゴロゴロしているし、目立ちにくい。

「東京で働いててお忙しいものねえ~」の方がまだいい。

自分を誰も知らないこの土地で、自由に歩けていることは幸せなのだ。

都会の人は田舎の人のようにジロジロ見ない。マンションの隣に住む人さえ見たことがない。

私は田舎暮らしの方が合ってるのかなと考えたことは多々あるが、

今いる場所が実はベストなのだと、年を取れば取るほど都会がベストなのかもしれないと思う。

今までが水の泡になるような気が・・・。心に迷いが生じると何処で頑張ったら良いのか見失う。

高い家賃を払い、東京でこれまで頑張ってきた意味、これから頑張る意味がわからなくなる。

都会に住みたい理由(例えば、都会の方が便利な趣味があるとか、友人が多いとか、

色々遊び歩くとか)が、私には特別ない。でももう戻れないから、ここで突っ走るしかない。

唐突だが、10金のネックレスが欲しい。仕事でスーツやジャケットを着る機会が多く、

胸元が寂しいので、よく着ける。今までは安い2千円程度のメッキのネックレスを買ったりして、

金属にかぶれやすいので首が湿疹まみれになっていた。

本物の金だとやはりかぶれない。今着けてるのは本当に使いやすくて、着けたおした。

1万三千円と自分には頑張った額だが、見えない程チェーンが華奢で涙のようなドロップ型に、

一応小さなオパールがついている。もう一つくらい、違うデザインのを持っていたい。

かぶれない且つあまり高くない物を試した結果、1万円前後のものに落ち着いた。

前から思っていたのだが、ジュエリーショップの店員がどうも嫌いで居心地が悪い。

色々じっくり見たいのに、どーでもいいような発言で邪魔をしてくる。

ネットで買うのではなく、現物が見たい。

おばちゃん店員が「プレゼントですか?」って、全然考えてないでしょ。

男性が彼女へのプレゼントならわかる。女性から女性へ贈るなら、

母に贈るにはデザイン若すぎるっしょ。女友達同士でアクセサリーはまず贈らない。

彼氏か旦那さんから貰うかもしれないし、それなら男性にはよくわからないコスメとか

自分では普段買えないちょっぴりお高いハンドクリームなどの方が「わかってるね~」と喜ばれる。

独女は自分で稼いで自分で買うのだよ。

店員へ顔引きつり気味で、「いえ、自分用です」と言ってやったさ。ワイルドだろ?

もう少しすると、クリスマスシーズンで男性客が一気に増えるので、

見てるだけでも居づらくなる。服屋だと自分用って認識なのに、

ファッションの一部であるアクセサリーはなぜ貰う物という認識なんだろう?

アクセサリーが好きなのだが、そんな訳でジュエリーショップからは足が遠のく。

ふなっしーが最近ガチャピンのように体張り出したのが気になります。

【昨日9/21のごはん】
昼食…水菜としらすのパスタ(マッシュルーム)
夕食…キムチお好み焼き

目を閉じれば同じ

痛いくらいの日差しが照りつけております。

ここ3日ほど、ぐーたらがヒドイので、もうそろそろ引き締めたいと思います。

今日から、夜12時には寝て6時半に起きる!働き始めてからのリズムと同様にして、

体を慣らす!宣言しないとできないです。入社日まで、今日を含めあと10日ほどなのでね。

スタートダッシュで体調不良は避けたいので、体だけは整えておきたいです。

今日は油でベトベトだった換気扇のフィルターを洗いました。

食器用の洗剤が驚くほど減りが早いので、貧乏くさいですが水で薄めて使っています。

またもや、よくない兆候が出始めました。元職場の人たちの夢を見ます。

しかも前職ではなく、前々職です。なんでそんな前のことを今更・・・。

街で偶然会ったせいかな…。体が疲れてないから、熟睡できないのでしょうな。

本当にこれだけ技術が進んでて、

夢をコントロールする装置みたいなの作れそうな気がするんだけどな~。

脳波をどうにかこうにかして。喋れるロボットとか、iphone6より、そっちを作ってくれ!!!

頭に心電図図るときのような吸盤をペタっとつけるんですよ。

そして、見たい夢スライドを選びます。DVDのように、ストーリーが色々あって、

キムタクバージョン、佐藤健バージョンなど、時代劇やSFとかもあります。

そうなると、夢スライド出演料としてマネーが発生する訳ですよね。

新作はituneみたくダウンロードできると便利ですよね。

そうなると、映画館やTSUTAYAがいらなくなってきますね。

「うん、それ私も夢で見たよ~」って会話になってくる訳です。

宇多田ヒカルのIn My Roomという曲の歌詞、「夢も現実も目を閉じれば同じ」

まさしくそれで、現実か夢かどっちの出来事だっけな~とわからなくなってきます。

犯罪者は夢で犯罪を犯したつもりが、誤って現実でおかしていたという事件になります。

とまぁ、妄想族をするほどヒマなんでしょう。早く、買い物行けって話です。

タモリさんや関根さんいわく、妄想は経済的で誰にも迷惑かけてないですから。

無職にはうってつけです。妄想上では、関根さんは優香さんの娘で、

ずんの飯尾さんは、アン・ハサウェイとの間に4人お子さんがいるそうです。

こんなどーでも良いことを考える娘に現実世界で夫ができることを親は願っているでしょう(笑)

読み始めたミステリー、「黒祠の島」 小野不由美著 良い感じっす!

文庫サイズで分厚くて1ページが上下二段に分かれてるけど、スラスラ読めます。

これから、ビンボーのささやかな贅沢、安い入浴剤を何種類か買いに行きます。

私はお風呂に最低1時間はかかるので、日替わりのお湯を楽しみたいと思います。

【昨日9/20のごはん】
昼食…オクラおかか和え、キムチお好み焼き(キャベツ)
おやつ…ポテチ、パンプキンケーキ
夕食…鮭のホイル焼き(小松菜、えのき)、ごはん、納豆
プロフィール

Author:syojikisinndoi
ようこそ!
リア友が少ないため、日常のモヤモヤを放出させていただいてます。メンタル弱め。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
一人暮らし
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる